!ATTENTION!

申し訳ありませんが当ポートフォリオサイトはブラウザのJavaScript機能を有効にしていなければ正常なデザインで表示することができません。 ブラウザの設定のJavaScriptの有効化、 InternetExplorerの場合はJavaScriptの有効化とActiveXのコントロールを許可した後に、以下のページに再アクセスし閲覧してください。 尚、当サイトのスクリプトはサイトデザインに関わるもののみを実装しており、お使いのパソコンにとって有害な要素は一切含まれておりません。 ブラウザごとの設定方法の詳細を下に記しておりますので、お手数おかけしますがご参照の上、設定をお願い致します。

Vivid Gardenia サイトトップへ再アクセスする

お使いのパソコンがWindowsの場合の設定方法

InternetExplorer GoogleChrome Firefox Opera Safari

お使いのパソコンがMacの場合の設定方法

GoogleChrome Firefox Opera Safari

お使いのパソコンがWindowsの場合の設定方法

Windows Internet Explorerの場合 この画像と同じダイアログが画面下部が表示された場合、「ブロックされているコンテンツを許可」をクリックしてください。 それでもサイトトップにアクセス出来ない場合は、以下の設定変更を行ってください。

Internet ExplorerでJavaScriptを有効に設定する方法

Microsoft Internet Explorer 8 以上(Windows)をご利用の場合 (1)「ツール」メニューから、「インターネットオプション」を選択します。 (2)「セキュリティ」タブを選択し、「このゾーンのセキュリティのレベル」内の「レベルのカスタマイズ」をクリックします。 (3)「スクリプト」内の「アクティブスクリプト」を「有効にする」を選択し、「OK」をクリックします。

Internet ExplorerでAxtiveXを有効にする方法

(1)[ツール]、[インターネット オプション] の順にクリックします。 (2)[セキュリティ] タブの [レベルのカスタマイズ] をクリックします。 (3)[ActiveX コントロールとプラグイン] まで下方向にスクロールし、次の設定に対して [有効にする] を選択します。 ・ActiveX コントロールとプラグインの実行 ・スクリプトを実行しても安全だとマークされている ActiveX コントロールのスクリプトの実行 (4)[OK] をクリックしてダイアログ ボックスを閉じ、Internet Explorer を再起動します。

ActiveX フィルターを無効にする

Internet Explorer 9 以降の場合、ActiveXFiltering がオンになっている場合は無効にする必要があります。 (1)URLが表示されているバーにある、通行止めマークのアイコンをクリックします。 (2)[ActiveX フィルターを無効にする] をクリックします。
Windows GoogleChromeの場合

GoogleChromeでJavaScriptを有効にする方法

(1)パソコンで Chrome を開きます。 (2)右上のその他アイコン その他 次に [設定] の順にクリックします。 (3)一番下の [詳細設定] をクリックします。 (4)[プライバシーとセキュリティ] で [コンテンツの設定] をクリックします。 (5)[Javascript] をクリックします。 (6)[許可(推奨)] をオンにします。

FireFoxでJavaScriptを有効にする方法

Windows FireFoxの場合
(1)メニューから[ツール] をクリックして [オプション] を選択します。 (2)ポップアップ表示されたページ上部のオプションから [コンテンツ] を選択します。 (3)[ポップアップウィンドウをブロックする]、[画像を自動的に読み込む]、および [JavaScript を有効にする] の横にあるチェックボックスをオンにします。 (4)OK をクリックします。 (5)ページ上の任意の場所で右クリックして 更新 を選ぶか、ツールバーの[再読み込み] ボタンを使ってブラウザを更新します。
Windows Operaの場合

OperaでJavaScriptを有効にする方法

(1)ブラウザを開きます。 (2)[メニュー]、[設定]、[設定]の順にクリックします。 (3)[設定]ダイアログボックスで、[詳細設定]タブをクリックします。 (4)[コンテンツ]をクリックします。 (5)[JavaScript を有効にする]にチェックマークを付けます。 (6)[OK]をクリックします。
Windows Safariの場合

SafariでJavaScriptを有効にする方法

(1)ブラウザで、右側に表示される設定イメージアイコンをクリックします。 (2)[設定]を選択します。 (3)[一般]ダイアログボックスで、[セキュリティ]をクリックします。 (4)ダイアログボックスの名前が[セキュリティ]に変わります。 (5)[JavaScript を有効にする]にチェックマークを付けます。

※上記以外のブラウザをお使いの方は、申し訳ありませんがブラウザのヘルプメニューを参照してください。

お使いのパソコンがMacの場合の設定方法

Mac Google Chromeの場合

Google ChromeでJavaScriptを有効にする方法(Mac)

(1)Mac メニューバーで、[Chrome]、[環境設定]の順に選択します。 (2)[設定]ページで、[詳細設定を表示]をクリックします。 (3)[プライバシー]セクションで[コンテンツの設定]をクリックします。 (4)[JavaScript]セクションで[すべてのサイトで JavaScript の実行を許可する (推奨)]をクリックします。 (5)[完了]をクリックします。 (6)[設定]ページを閉じます。
Mac FireFoxの場合

Mac FireFoxでJavaScriptを有効にする方法(Mac)

(1)ブラウザの[環境設定]をクリックします。 (2)表示されるダイアログボックスで[コンテンツ]をクリックします。 (3)表示されるダイアログボックスで[セキュリティ]をクリックします。 (4)[JavaScript を有効にする]にチェックを入れ、ウィンドウを閉じます。 Mac Operaの場合

Mac OperaでJavaScriptを有効にする方法(Mac)

(1)Mac メニューバーで、[Opera]、[環境設定]の順に選択します。 (2)[設定]ダイアログボックスで、[詳細設定]タブをクリックします。 (3)[コンテンツ]をクリックします。 (4)[JavaScript を有効にする]にチェックマークを付けます。 (5)[OK]をクリックします。 Mac Safariの場合

Mac SafariでJavaScriptを有効にする方法(Mac)

(1)Mac メニューバーで、[Safari]、[環境設定]の順に選択します。 (2)表示されるダイアログボックスで[セキュリティ]をクリックします。 (3)[JavaScript を有効にする]にチェックを入れ、ウィンドウを閉じます。